スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2007の投稿を表示しています

IPv6 チェックサムオフロード

前回の記事でオフロードをdisabledにしてエラーを消したはいいものの、何ともすっきりしないのでIntelのNIC買ってみました。PCI-Eの奴。もちろん偽物じゃないですよ? こっちでも全部オフロードをONにして通信してみるとチェックサムエラーの嵐。こりゃなんですかい? もう少しネットを回ってみるとチェックサムオフロードをONにするとここの値は関係ない様子。つまり、現状でも普通に通信できてたって事? 妙に悔しい。
 しかしながらさすがインテル。全く体感が異なるのは面白い。ここまで違うのなら買っておくべきだったと反省。
 もう少し様子見しながらオフロード問題は解決してみたいと思います。

Vista - Vistaの頭打ち感

IPv4/6に関係なく、Vista-Vista間のネットワーク転送速度には頭打ち感がある。2003-XPでのジャンボフレームの方がもっと速かった(Fire File Copy上での体感)と感じていたところで、こんな記事を発見(複合 TCPを参照)。つまり、現状ではTCP受信側はオートで最大1Gまで受信枠を広げられるのに、送信側は拡大していかない。そんな訳でCPTPをONにしてみたら物凄い速度が。
Windows Server 2008 のベータ版を実行しているコンピュータでは CTCP は既定で有効になりますが、Windows Vista を実行しているコンピュータでは既定で無効になります。CTCP を有効にするには、netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp コマンドを使用し、無効にするには、netsh interface tcp set global congestionprovider=none コマンドを使用します。
 ここで改めて痛感。2003-XPより最適化されたVista間ネットワーク転送は間違いなくPCを極限まで追い込む。それで散々QoS、QoSと叫んでいる訳なのね。
 現状ではサウンドソースをCIFSで取得してこちらで鳴らしている状態であるので、上記設定でネットワーク帯域を極限まで上げてみたところ、見事にブチブチ切れまくった。かといって、QoSは今でも議論がされている状態で、即使えるおいしいモノが出てくるとは限らない。結局ファイルコピー中は(容量にもよるが)、音声の切断はある程度覚悟しなければならないのか。
 メディアサーバーを使えばCIFSを使用しないでプロトコル上で分けられるけど、それをやるにしては些か作業量が面倒だ。もっと手軽に帯域確保を行える方法はないのか。Microsoftの提供しているqWaveなるサービスが早く使えるようになると嬉しいんだが。実際にVistaには既にサービスが登録されているのに使えるアプリケーションが存在しないのが勿体無い。
 と、ウダウダ書いてはいるのだが、CPTPの設定なしではフルパフォーマンスまで出る前で音声切れていたから転送が早くなっただけでもよしとしときたい。

 ちなみに、webサイトの方、無事直りました。基本サービスの起動とフォルダの閲覧権限をいじっ…

原因はデフォルトドライバー

NICのパケットエラーを色々調べてたけど、よくよく考えると、インストール時に勝手に入ってくれたドライバである事を思い出した。今のところ不都合が良く見えてなかったので、バージョンアップしてるのではないかと思い、検索すると結構大量にヒット。その中でここのを落としてみた。結果は体感速度で僅かに上昇、いわゆる普通のエラーはまず見かけなくなった。最初から探しとけば良かった。
 ただし、SMB2でファイルを高速大量転送によるACKロスト問題は未だ解決せず。プロトコルで見るとIPv6まではOKなので、SMB2(CIFS)の不具合だと思われる。暫くしたら修正パッチが出ていつの間にか直ってることだろう。(※2007/06/28 追記 どうも受け取り側のPCが限界に来るとSMB2のACKを返せないッポイ事が判明。性能高→性能低でACK lost連発ですが逆はほとんど発生しない。それにしてもACK返せなくなる前に別の手は打てないのだろうか?)
 ついでにONKYOのENVY24についても再度調査してみた。一応正式版としてココにあるものを発見。インストールしてみた。
 さて、シャットダウンは………。死ぬほど遅かったけどキチンと落ちた(笑)。これは暫く使うとOSが最適化して早くなるのか? あと何度かテストしてみる必要がある。

 それはそうと途中でいいサイトも見つかったし、暫くはドライバ周りを総チェックしてみるのも良さそうだ。

ACK lost?

Wiresharkで流れるパケットを観測してると色々と面白い。たまに赤文字や黒バックが流れてくるのですばやくチェックしたりする。
 それらは色々ある。パケットロストがたまに発生する(duplicate ACK)とか、ウィンドウサイズの変更はそれなりに見かけられる。ほかにはACKロストが大量に出たりしてる。これが、ファイル転送時に半分くらい出てるので、目下調査中。ソフト処理が追いついてないのかなとか考えたりしてるけど正直分からない。体感としてしか言えないけども、2003-XPとVista-Vistaでは前者の方が圧倒的に転送が早かった気がする。Wireshark入れて見てなかったから何とも言えないけど。
 笑えるのが、SMB2のWindowSizeFull(笑)。Vistaが拡張しまくっていったのはいいけど、もう限界です!! って叫んでるのが笑えた。
 ACKロストはIPv4でもIPv6でも起こってるのでこういうものなのか、不具合なのか不明。
もう一度XP同士くらいでジャンボフレームでファイルコピーをしてみたい……けど面倒なので確認しない。
 あとIPv4はTCP/IP over NetBIOSを有効にすればポート137,139で転送してくれるんだけど、そっちでも同じ問題が出てる。IPv6はそもそも選択できないのでポート445オンリーになってしまうんだけど。
 お陰で妙に遅いファイル転送になってしまっている。意味が分からないところで苦労する。これが人柱という奴だ。もう少し調べてみたい。
 という訳で平日はこの辺が限界。

Vista3GBの恩恵

書き忘れてました。3GBでOSの最適化が終わった後はシャットダウン速度がXPと同じになりました。つまりまとめると、一般の人が快適に使えるのは3GB。プログラマやDTP屋は最低4GBという事です。早く安い2GBメモリ出てーーー(恐らく出ない)。

IPv6再び

StrikerS本がA'sの間を埋める漫画だという事を聞いて即アマゾンへ。
 カートに入れたはいいものの、送料付くのがアレなので、せっかくだからウィッシュリストのモノでも買おうかと思って買ってしまった専門書『IPv6エッセンシャルズ』。自分の仕事に関係ないんだけどやっぱり気になったりやれるときにはやっとくべしと今日も強行。
 久々のO'REILLY"だったがなかなか読みやすい良書のようだ。とりあえず斜め読みしてみたらIPv6ルーターでMTUが定められるみたいな記述が。まあルーティングする際にはMTU見るのは当然だから絞るのは当然だろうと思ったところでふと疑問が。IPv6ルーターはIPv4でいうDHCPのような機能を持ってるので、下手にその辺が配信されてると怖い。
 『ルーターが外向けにはMTU1500(1438)指定でいいが、ローカルでもそれが適用されていないか?』
 こうなると気になってしょうがないので、一度は探すのを諦めたIPv6パケットモニターを探し始める。よくよく調べるとあの有名なEtherealの名称が変わってWiresharkになっていたらしい。この手のソフトは細かく出てくれてるのは嬉しいんだが、WinPcapを使うのが定番なのでVistaでx64なウチの環境は無理なのだよ。…と思って先にWinPcapをチェック。素晴らしいことに既にVista&x64も全対応していたのよ奥さん!! 早速DLしつつ、Wiresharkを入れてみる事にした。そしたら既にWireshark自体も最新WinPcapを内包していた!! さすが大御所!! 愛してるZE!!(うるさいよ
 早速入れてテスト。IPv6がどうこう言う前に黒地に赤文字が並ぶ。な、なんだこりゃ。
 詳しく追ってみるとチェックサムエラーが多発している事が判明。IPv4でこんなにエラーが出てたのかと思うと結構ショック。IPだけ見てた俺がヌルかったんですヨ。Wireshark様は優しくも『チェックサムオフロードの問題?』と英文で語ってくれてました。
ここまでチェックサムエラー出まくりじゃハードに任せておけん!! という事で全てのチェックサムオフロードをDisabledにしてソフトウェアで対処する事に。
 それ以来チェックサムエラーは発生しなくなった。オンボード内臓でジャンボフレーム9KBという魅…

再びVistaへ

Vistaサーバーの調子が宜しくない。具体的には悪いというより、限界動作している。FTPのみDLかけているときは問題ないが、リモート接続でファイルを開こうとすると非常に苦しいのが伝わる。さらに、LAN内でコピーすると重さを引きずるせいで、foobar2000が引っかかりまくる(ちなみに、音楽ファイルもVistaサーバーにある)。
 この問題を解決すべく、サービス節約などの手段を講じたのだが、1GBではどうにもならない事が判明。Vista Ultimateの結論として、一般ユーザーが2GB最低、パワーユーザーはそれ以上必須ということだった。しょうがないのでDDR400 1Gをネットで探すとどこも品切れ。バッファローくらいしか残ってない。ヤバい。完全に出遅れてる。しかも値上がりしだしてる。
 そんな訳で、まずは目が真っ赤続きなので眼科へ。その後すばやくOAナガシマへ。
 ……前回買ったときよりも状況がひどいじゃないか。しかも1k以上値上がりしてるし。更に残り二つとかアブなすぎる!!
 そんな訳で文句を言わずバッファローを買ってきましたさ。当然、鯖に二枚指して動作確認完了。ちょっと期待を込めて、はずした512M×2を指してみる。……反応なし。ただの屍のようだ。
 そして、ついでに目をつけて買ってきた5インチベイ×2で3ドライブ冷却キットをくわっと取り付ける。そんでもって当然のごとくこっちでも512M×2をやってみる。
 なんと3GB認識!! 予想外に嬉しい。2GBだとVisualStudioとか立ち上げた瞬間にスワップの嵐だとか、Word2007がクリックしても起動してこないとかそういう苦しみがあったが、今回はいい感じだ。DDR333になってはいるものの、DualCh駆動なのでOKだろ!!
 と、判定テストしたら、メモリのDDR400→DDR333への降下はかなり体感的に落ちるらしい。確かに僅かにアレな感じがする。おかげで最低点がCPUからメモリに。
 まあ、メモリある方がHDDガリガリするよりよっぽどマシだ。という訳で、Vistaサーバー2GB、Vistaクライアント3GB!! なんか、どっちもメモリ増えた途端に使用メモリ増えましたが? やっぱり逃がしてた分はメモリに置きたい訳ね。
 それと、3GBにした直後、USB周りが大混乱した。謎のメディアを発見したり、反応がなくなったり。一度…