スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2014の投稿を表示しています

Windows Server 2012 R2 記憶域のライトバックキャッシュを試す

Windows Server 2012 R2 記憶域のライトバックキャッシュを試す サーバーのHDDの一つが故障したので急遽メンテナンスを行った。Parityは正常に働いているようでキチンと元通りに復帰した。どうせならSSDによるライトバックキャッシュを導入したらどれくらいのパフォーマンスが上がるのかテストを行ってみた。
ライトバックキャッシュとは ライトバックキャッシュ(以降WB)とは、HDDのデータを保存する際に一時的に別の媒体(今回はSSD)に保存し、書き込みの高速化を行う技術。書き込みの際にSSDに書いた状態で『HDDに保存しました』とOSに代返するため、OS側の配慮は全くいらない。実際のデータがHDDに書き込まれるのがいつなのかわからないのがポイント。 導入前の状態 まずは 復旧後のドライブのベンチを取ってみた。構成はSAS+SATA HDD(1GB)×9でパリティ(RAID5相当)の構成で、最大8HDDまでのストライピング化されている。ソフトウェアでパリティを計算するため、書き込み速度は図のように遅いが、シーケンシャルの読み込みはさすがに同時駆動するHDD分の速さは出ている。保存用仮想ストレージ(10TB)+冗長性と考えたらまあまあのものだと思う。最近は8TB HDDとか余裕で出てきているのでなんともいえないかも知れないが。

導入するSSDとSATAIIIカード WBのサイズは最大でも15GB推奨なので、大きなサイズのSSDを用意する必要はない。しかし、使用する記憶域によって必要となるSSDの枚数が違うので注意が必要だ。今回はパリティなのでSSDが2枚必要となる。よって今回必要とされる要件は以下の通りだ。 必要枚数:2枚必要サイズ:20GB程度特に書き込みが高速なドライブ 価格.com辺りで色々検索したが、最近では小容量で高速なドライブはあまり見かけないようだ。64GBまでサイズを拡大して書き込みの速いドライブに絞ってみたところシリコンパワーのS60シリーズ、SP060GBSS3S60S25辺りが適当だったのでチョイス。これを2台購入。 次に必要なのはSATAIIIカード。サーバーが古いのでSATAIIIが存在しないためだ。最近はやっとオンボードの性能に近いカードが出たようなのでそこから選択する。 Marvellの88SE9230というコントローラーが…