投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

Logicool G303ファームウェア更新で失敗

3Dモデリング用に少し前に買ったG303がWindows10のアップデートと共におかしくなった。
ボタンがチャタリングしたり、移動がうまく認識しない時があったりした。

しかし設定ドライバ側では新バージョンがないというメッセージ。
とはいえWindows8.1からのアップグレードだったので入れ直そうと考え、同じバージョンを更新。

その後何故か新ファームウェアがあったとの報告が出てきたので更新。
そして失敗。そのままLEDが点滅したままお亡くなりになられた。

問い合わせようかと思ったがシリアルを無くしていたようでメールすら送れない。

仕方ないのでフォーラムを検索したら『program filesのlogicoolフォルダ内にプログラムがあるから再実行しろ』との答えが。
これ普通にドライバから再実行できるようにしてやれよ。

という訳で忘備録として記録。

最速ルーター選び

ここ一週間くらいかけてサーバー&ネットワーク再構築をしてきた。
LAN内をほぼIPv6に統一する方向でまとめていく中で、意外と速度差が出たのがルーター。

で、ルーターはどれが最速なんだろうと思い立って適当に比較してみた。
具体的に数値をメモってる訳ではないので参考&忘備録程度に。
前提条件:最速の定義
ping応答速度ooklaスピードテストの結果(Tokyo)
最速ルーターはどれ
IPv4:NTTひかり電話ルーターIPv6:サーバーPC+VyOS
ということだった。
IPv4ルーターに求められる性能 IPv4のルーターは意外と処理が重たい。一番はNAT処理。プライベートからグローバルへの変換+記憶が重たすぎる。そのために専用機器があるのも頷ける。
ここでハードルーターとソフトルーターを考えてみる。業務用の上位ルーターを除き、一般的な家庭ルーターは専用機器に見えがちだが実はコストダウンのために汎用CPU+linuxという構成になってる。
例えばバッファローなんてタブレットPCクラス(ATOMあたり)のCPUにlinuxが乗っかってるだけだ。
となると、2万前後のルーターは意外と性能が低くてイマドキのタブレットPCにギガイーサがついていればソッチの方が速いということが当たり前にある。

専用機器ということで専用チップ(ASIC)などが載っていればかなり高速になるが、そんなハードはそうそうないし高い。
そんな中で比較した中ではNTTの標準品ひかり電話ルーターが最速だった。さすが専用チップ設計といったところ。
噂では大した機能ないのに定価6万クラスらしい。

という訳で、IPv4ルーターの順位は以下の感じ。

NEC(IX系) => ひかり電話ルーター > VyOS > YAMAHA > Aterm > バッファロー

VyOSは載せてるPCによって変わるだろうけど、i5-3330+最廉価マザー+オンボ蟹+Hyper-V(他のアプリ動いてる状態)でこの結果。
入手やコストを考えたらひかり電話ルーターに決定。
YAMAHAなんかは思ったより性能でない。使いやすいんだけどね。
IPv6ルーターに求められる性能 IPv6ルーターは比較的処理が軽い。あまり複雑な制御しないのでそんなに差がでない。
とはいえ、10年前のYAMAHA RTX1200とNT…